凍結予防!寒波襲来!

2022年開けて早々、寒波続きですね。

 

こんにちは。

以前にもこの季節、【凍結防止】について 書かせて頂いていますが・・

今年も寒波襲来((+_+))寒い毎日をお過ごしのことと存じます。

TVのニュース・お天気コーナーなどでも 最近は詳しく

【凍結防止・水抜きの仕方】を説明しているところもありました。

いや~、ありがたいですね。

朝起きて「水が出ない!!」のは大変困りますからね。

ありがたいですね・・で流してはいけないのが 当社のお仕事です

そして・・

来週また寒波が来ます!

 

 

 

・・と、気象予報士の方が言ってました。

 

 

 

水抜き栓は、屋内にも外の不凍水栓柱にもあります。

屋内の水抜き栓は、色々な形状のものがあります。

水道の配管は、土中より屋内に配管させるのに

建物内に配管を施すものと、外壁のところに施すものと

多様なものがあるのをご存知でしたか?

 

実は、個人的に家が外配管だった時に 水抜きを忘れて【凍結】

させてしまった経験もあり、大変でした。

そんな時におススメしているのが凍結防止ヒーター線です。

配管に沿わせたり、巻き付けたりして施工します。


画像があればおわかりいただき易いのですが、

多くの種類があり、用途もそれぞれの水栓に合わせて選びます。

そして、外にある水道【水栓柱】も忘れずに水抜きを!!

《ハンドルタイプ》

《90度回転タイプ》

《プッシュタイプ》

など、いくつかの種類がありますが。今回は《ハンドルタイプ》を

 

①の水抜きハンドルを閉めます

②の蛇口を開けると立上り管に空気が入り、水が下に落ちていきます。

③凍結深度以下まで落ちた水は排水部で排水(水抜き)されます。

このように、水抜きをすることによって、凍る原因となる”水”を水道管からなくし、

凍結を防ぐことができます。

⇧ ⇧ ⇧ ⇧ ⇧ ⇧ ⇧

凍る原因となる『水』を水道管から抜く(無くす)のですね(*^-^)b

 

それでも『わかりにくいわ』『凍結心配だ』の声は

是非!当社にご相談・お見積り・工事

ご連絡お待ちしております。